アメリカのカントリー文化を正しく知る

アメリカのカントリー文化

アメリカ、カントリーと聞くと、日本人の大半がアメリカの西部開拓時にカウボーイハットを被った人が、ギターを奏でて歌う、そんなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
カントリーミュージックを代表とする洋楽を古臭い音楽、日本で言えば、若者が余り好まない、演歌を聴くようなイメージを持たれることがあります。まぁ、確かに演歌も日本のカントリーミュージックといえばその通りなのかもしれませんが、アメリカのカントリーミュージックに関しては誤解があります。

 

アメリカのカントリーミュージックは全米のヒットチャートにも毎回出てくる人気のジャンルであり、いわば日本ではオリコンチャートの上位をアメリカではカントリーミュージックが名を連ねるいうことがあります。これは演歌がオリコンチャート10位以内に入ってくるのか?と思うかもしれませんが、アメリカの人たちにとってカントリーミュージックとは古い音楽ではなく、新しい、自分達の国の文化を一番影響を受けている音楽として慕われているです。

 

しかし、日本でこのアメリカのカントリーミュージック、実はそこまで普及していないと思われるかもしれませんが、ポップミュージックというジャンルで日本には普及していることを知っている人は少ないのです。

 

このカントリーミュージックを日本ではポップミュージックとして宣伝するのには、理由があり、日本で最初に入ってきたカントリーミュージックが、先ほども紹介をしたカウボーイハットを被ってギターを弾くといったイメージで、音楽を聴く若い世代にとっては「古臭いもの」として認識されているのが、払拭できていないからです。

 

そのため、アメリカでヒットチャートに名を連ねたカントリーミュージックも、そのまま日本で販売すると売れないので、ポップミュージックという新しいジャンルを態々作り、若い人にも受け入れ易くする必要があったのです。

 

とは言っても、ジャンルの呼び方が違うだけで、中身は同じなので、日本人にとってもアメリカのカントリーミュージックは普通に受け入れられている音楽のジャンルになります。

 

今回、このサイトではあまり知られていない、アメリカのカントリー文化について紹介をして、日本人のカントリーに対する誤解を解消することが出来ればと思い、紹介をおこなっていきます。